10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2015.04/10(Fri)

春になりました 

花粉でケホケホズルズルしている間に
すでに新年度になってます。

ライブレポも半端なままで、TMはファイナルを迎えてしまった。

抜け殻ざんす。

ツイッタで日々思うことを吐き出しているので
そこだけでなんか満足しちゃってるのね。
やっぱ寄る年波?

accessのシングルも出たし
そろそろ春仕様にならねば。

IZASUSUME!
だよ、ホントにね。
スポンサーサイト
【編集】 |  23:22 |  日常徒然  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.02/09(Mon)

QUIT30 HUGE DATA 

2日間感動の嵐に翻弄されて、まだちょっと現実に戻って来ていない摩埜である。

TM30周年の掉尾を飾るライブ、春と秋のホールツアーを経て
ついにアリーナまでたどり着いた。

【2/7】
オープニングからすでにQUITとは違っていた。
いきなりLEDスクリーンにはIPたちが映し出され、バトンが投げ出される。
上手からウツ登場。
バトンを拾い上げ、少し下手方向へ歩いて下手側へ放る。

暗転直後にステージ上にはいつの間にか3人が!

冒頭から聞こえてた、レヴォリューション… の声から
ウツの生声になって “SEVEN DAYS WAR“
ああ、3人が並んでるのって、ホントに素敵だ。

続いて“Birth“
初めてラジオで聞いた時、ミュージカルみたいだと思った。
コーラスとヴォーカルの掛け合いが綺麗だなあ、と。
歌詞の意味が、聴けば聴くほどじんわり沁みてくる。

“LOUD“
木根さんのギターがすごいかっこいい!
サビ直前のフェイントも、もうみんな慣れたもので
会場が一体となってた。
あの一瞬の静寂、ワクワクしたわー。

ここまで、衣装はQUITとほぼ一緒。
てっちゃんのインナーが黒っぽいキラキラしたシャツ。
↑後で上着脱いだら違ってたことが判明(笑)。
木根さんのインナーはブルーのシャツで、襟と前たてが黒。
ウツは変更なし。インナーは黒い方のシャツ。

LEDスクリーンにはあのキャロルが現れる。
そして、CAROL組曲が始まる。

2013年の同じSSAでは歌わなかった組曲を
今回はちゃんとウツが歌ってくれた。
嬉しくて嬉しくて鼻の奥がツンとなってしまった。

キャロルのテーマを歌い終わった後
ウツがロンドンの雑踏を映し出すスクリーンに向かって
右手を上げ、振り払う仕草をすると
その瞬間に音が消え、映像も止まってしまった。

そしてウツは下手袖へ。

その後、スローに映像が動きだし、音も戻ってきた。
このあたりのタイミングが本当に素晴らしかった。
一瞬のズレもなかったよ。

“Gia Corm Fillippo Dia“のイントロが流れた時は
きゃああああああっと心の中で大絶叫!
大好きなんだもん。
でも、ウツは下手にはけたまま。
映像は1989のライブ、インストが流れていく
インストだけでも素敵だけど、やっぱウツの歌声も聞きたかったよう。

続く“In The Forest“ではウツがステージに戻って来た。
木根さんと対になってる感じの赤いシャツに
秋のツアーでも着ていた黒いジャケット。

LEDスクリーンには1989年のキャロルツアー、
2012年のインキュべ、2013年のインベス映像も流れている。
今回と同じSSAでのインベス映像では
頬がこけ、生気が失せ、髪もぱさついたウツがいる。
ああ、こんなに痩せてたんだ、と
映像に胸締め付けられたけど、
その映像の前で
力強く歌ってくれている。

よくここまで戻って来てくれたよね、
こんなに嬉しいことはないわと思った。

木根さんの新刊、「進・電気じかけの予言者たち」では
2013年のことも詳しく書かれてた。
それはウツの病気発覚から、ライブ当日までの
メンバー、そしてスタッフ達の壮絶な戦いの日々だった。

あの2日間は、開催されただけで奇跡だったのかもしれない。

“Just One Victory“の間奏でジャケットを脱いだかな?
1日目は気づかなくて、いつ脱いだのー?って思ったけど
2日目は注意深くガン見したo(^▽^)o
モニターもがっつり映してくれてたし。

“Still Love Her“は泣ける。
QUITのフォーラムと福島で号泣して来たから
今回は大丈夫だと思ってたんだけど
やっぱイントロでうるっと来ちゃったね。
理屈じゃないのね。

長くなったので一旦上げとこう。



1.SEVEN DAYS WAR
2.[QUIT30]Birth
3.LOUD
4.[CALOL2014]A Days In The Girl's Life
5.[CALOL2014]Carol (Carol's theme I)
6.Gia Corm Fillippo Dia (Devil's Carnival)
7.[CALOL2014]In The Forest
8.[CALOL2014]Carol (Carol's theme II)
9.Just One Victory
10.Still Love Her (失われた風景)
11.Looking At You
12.Always be there
13.We Love The Earth
14.keyboard solo
15.Get Wild
16.I am
17.Fool On The Planet (青く揺れる惑星に立って)

【編集】 |  15:54 |  音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.01/12(Mon)

あけましておめでとうございます 

昨年9月のキネコレ感想以来すっかりサボってましたわ。
いつの間にか午年が過ぎ去り、羊さんの年になってます(^^;;

10月末に始まったTMのツアーは平日の嵐で
やっと最終日のフォーラムにギリギリ参加。
素敵で素敵で感動だったけど
フォーラム2階の後方はやっぱり遠かった(/ _ ; )
加えて娘Mは結局仕事休めなくて、摩埜は息子たちと参戦。
もうこれはリベンジしなくては!

てなわけで。
幸運にも年明け早々に追加公演があったので
行って来ましたよ、福島公演‼︎

今回はもうすっごい良席で、おまけにセンターやや上手よりの
絶好の位置。チケットの神様ありがとうヽ(;▽;)ノ

フォーラムの2階からは見えなかったメンバーの表情が
細部までしっかり見られて、もう嬉しい嬉しい。
歌や演奏の入り込んでる真剣な顔も
ちょこっと間違えちゃった〜〈テヘペロ〉な顔も。

それぞれのハイライト。

ウツは”I am”でのガッツリ歌詞間違いw
しっかり歌っちゃって、「あ⁈」てなって
「てへへー間違えちゃった〜」
頭かいかいから続きはしっかり歌い切って
後奏部分で木根さんの方向いて
「間違えたの僕ー」って感じで自分の顔指差してはけてった。

木根さんは”君がいて良かった〜Looking at You”の
ギターソロ冒頭部分。
アコギを抱えてステージに腰掛けて。
もうね、これが本当に目の前で
キャーキャー素敵ー‼︎と、大変なコーナーなのだけど
アルペジオのすっごい難しいトコで
結構安定のミスヽ(´o`;
年末のXmasディナーショーでもちょこっと弾いてくれて
やっぱ同じトコでつっかかって、「練習しなきゃ」
って、言ってたんだけどね。

てっちゃんは、”Self Control”でいつも上手側の花道に行くのだけど
今回の会場はそびえ立つように積み上がったスピーカーが
花道の入口を塞いでて、大丈夫かな、どうするんだろうと思ってたら
ショルキーを右手でひょいと持ち上げて
左手でスピーカーの隙間を掴んで、ぴょこんっと狭い足場を飛び越えてしまった!
てっちゃんとリンクして下手側に行く木根さんは⁈
と、目を向けたら、「俺は無理!」と
顔をぶんぶん振っていた(≧∇≦)

この辺りの様子をざっと描いた簡単な絵は
娘Mがツイッタに上げてくれている。
見てくださった方ありがたや。

まだまだ感動のシーン満載のライブなのだけど
長くなって来たのでとりあえずはここまでで。
素晴らしいステージを魅せてくれた3人に大感謝‼︎‼︎

来月のHUGEと再来月のFINALが本当に楽しみ。
金色の夢はまだまだ続くよ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
【編集】 |  11:59 |  音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2014.09/21(Sun)

KINENS COLLECTION その3 

皆様の2ショ撮影が終わったらお食事タイムです。

美味しかったですよー!
量もちょうど良くて、ほんとに大満足。
お写真も撮ったけど取りあえずメニューだけ記録しとこう。

Entree 
戻り鰹の炙り焼き タルタル仕立て
柚子味噌マヨネーズ

Soup
薩摩芋のポタージュ

Viande
厳選特選和牛の低温ロティ
ソースポワブラード

Dessert
栗のエスプーマ モンブラン仕立て
酒粕のアイスクリーム

うふふ。
名前見ただけじゃ全然わかんないね。
でもねー、ホントに美味しかったんだよ。
鎌倉野菜の素揚げがなんとも素朴で美味でしたし。

で。
お食事タイムの合間を縫って
木根さんがまた大サービスなわけよ。
ステージ背景のスクリーンに
懐かしのTMライブ映像が流れて。

まずは「Kiss Japan TM NETWORK Tour '87〜'88」から(曲はKiss You)。
このツアーで木根さんが着用したごっついロボットみたいな衣装を
司会の福島さんが身に着けて登場。
いや、すみません、大笑いしてしまいました。
あれ、パントマイムの時に着てたやつだよね。
実際に間近で見るとすごい素材だったのねー。

次は「TOUR TMN EXPO FINAL CRAZY 4 YOU」(POINT OF LOVERS NIGHT)。
今度は木根さんが前半で着用してたパープルのお衣裳で登場!
きゃーきゃーきゃー!
かっこいいわあ。
20年以上前の物なのに保存状態も良いし
着こなしちゃう木根さんスゴイ。

「倉庫で見つけた時はよくこんなの着てたなと思ったよ」
「当時は言われるままに衣裳も着てたからね」
「なんでもハイハイって言うイエスマンだからね、僕は」

いやいや、今着てるの拝見しても
とってもカッコイイです♪

お昼の部では本当はCAROLツアーでの
ティコの衣裳も着たかったけど
さすがにボロボロになってて着れなかった
なんてお話もして下さったようです。

ああ、ティコも観たかったなあ。
お耳だけも!

そして更に後半で着用してたカラフルなお衣裳。
おお、これも素敵。
体型が変わらず細身なのがすごいー。

お着替えのたびに入口の大扉から出入りをしてくれるのだけど
摩埜の席は通路側だったので
もう、ほんっとに目の前を何度も通ってくれるのね。
あんなに近くで木根さん見れて眼福眼福。

余談だけど。
EXPOツアー映像の中には
当時のサポメンだった大ちゃんがちらちら映りこんでるわけで。
途中、大ちゃんのどアップになった途端、
思わず摩埜はうきゃvとなったわけだが
それよりも更に娘Mと斜め前に座っていらっしゃったお嬢様の反応がすごくて(笑)。

二人して
「きゃあああああああっ」━━━ヾ(*≧∀≦*)ノ━━━!!!(しーっしーっあわわわわ)

あわてて口を押えましたが
しっかり木根さんの耳にも入ってしまい

「コッチ見てよー」
って言われてしまいました。
わーん、木根さんごめんなさいいいい。

その後、TMファンクス兼DAクラスタと言うことがお互いに判明し
ツイッタのアカウントを交換し合う二人でした。
お仲間がいて良かったな(笑)。

今日はここまで。
ああ、ちっとも進まんな。





【編集】 |  00:43 |  音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2014.09/16(Tue)

KINENS COLLECTION その2 

お店に入るとカウンターがあり、FCスタッフ様に名前を告げると
店内見取り図を下さり、席番号を告げられる。

海側が全てガラス張りの明るいフロアの正面奥がステージ。
上手側にクリスタルのピアノ。
中央にはギターのセットされたステージ。
1テーブル8人くらいで、全部で90人弱くらい?
stage


そしてなんと最初が2ショ撮影!(◎_◎;)

うひゃー、まず化粧室へ駆け込み、髪とお顔を直し直し。
いや、たいして変わりゃしないけどさ、気持ちだけでもっ。

司会の方から説明がありまして。
撮影はステージのピアノのとこで行います。
カメラマンはおなじみのベー様!
なんて贅沢!

そんでもって、私らはピアノの椅子に座り
隣に木根さんが立って、肩に手を回して下さるとか((((;゚Д゚)))))))
「嫌な人は事前に言って下さいね」
などとおどける司会者。

ばーろー、イヤなわけないじゃないか!
ビビりはするけどさっ。

席番号順に呼ばれて並びます。
ああ、ドキドキで倒れそう。

木根さん、すごい優しい笑顔。

はっきり言ってこの辺りの記憶飛んでおります。
「よろしくお願いします」と言った自分の声と
木根さんの微笑みしか残ってない。

歯が見えるくらい笑っていいのかどうしようかとオロオロしてる間に
ベー様のはいオッケーの声。
素早くカメラの液晶を確認して
「よしっ」とうなづく。
ああ、べーあんもかっこいいなあ。

「ありがとうございました」
と頭を下げて、半分よろけながら席に戻った気がする。

木根さんの手は大きくて暖かかったです。
席に戻ってからさらにドキドキで顔が紅潮した気がする。

今日はここまで。
店内のお写真もあとでアップしておこう。

アップしますた。
外がちょっと暗くなってからのお写真なので
ピアノのライトアップがきれいきれい♪
【編集】 |  22:44 |  音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。