04月≪ 2008年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.05/12(Mon)

寒いでございます 

GWもすぎたとゆーのに、この寒さはなんでしょう。
先週末なんて、またまたコートが必要なくらいでしたよ。ああもう、すっかり半袖とかいっぱいだしちゃったてのに。

一昨日の土曜日。
娘Mの試合を見に行ってきました。関東大会の県予選の個人戦。
県南にあるスポーツセンターが会場で、家から約50kmくらい離れてる。ちょっと遠いんでどうしようかなあと思ったんだけど、せっかく休みの日だし、それに参加できる大会なんてあとほんのちょっとだし、ってんで、思い切って行ってきた次第。
ウチからほんっとに一本道で迷いようがないのだけど、それでも行ったことなかったのでちょっとどきどき。目の前に大きな競技場が見えてきたときは、感動した。緊張もどっと解けました(笑)。
で、大会だけど。
1日にあった市内大会のときは、知ってる顔もいくつかあったし、参加してる学校だって知ってるトコばかりだったのだけど、さすがに県大会になると数が多くてすごい。
個人戦だったので、誰がどこにいるのがさっぱりだし、いつの間にか試合が終わっちゃってるなんてことも(泣)。
男子の部長で同じクラスのI君のお母さんも来てたので、ずっと一緒に座ってみていた。やはり一緒に観戦する人がいると楽しいわ♪
女子は220人くらいがエントリーしてて(一校4人まで参加できる)、関東大会にいけるのはその中からたった4人。すごい大変なことなのだ。
男子なんて300人くらい参加で、やっぱり関東に行けるのは4人。普通の人じゃ無理だわって感じ。
あ、でも昨年は女子の先輩が一人ベスト4に入って、ちゃんと関東まで行ってるんだよね。ああ、ホントに偉大だったなあI先輩v
今年は娘たちの学校は女子が一人と男子が3人二つ目まで進んだけど、そこまでだった。残念だったなー。お疲れでした。
男子代表は、インハイで優勝経験のある私立高校から3人、女子は同じくインハイ優勝経験2度の県立高校から2人ってことで、さすがに強い選手はいつでも強い!
団体の県予選は、今週の水曜と木曜にある。今度は市内の会場なので近い近い♪女子の日は仕事のお休みをもらってるので、また見に行くのだー♪♪
一つでも勝てるといいなー。ま、もし勝ってもその次に当たるのは、昨年の関東大会準優勝校なんだけどね(汗)。
スポンサーサイト
【編集】 |  15:30 |  子供たち  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05/08(Thu)

これは問題作なのでは 

大好きな作家の一人である朱川湊人の新刊を読了。

『スメラギの国』

うーん、これってどうなんかなあ。
面白かったんだけども、すげえホラーで怖かったんだけども。それはそれでいいんだけど。
ちょっと読後感がなあ。
健気なチョコや、優しいアイス、無垢なプリンスに、無償の愛を持つジンゴロー。そしてそして哀しいスメラギ。みんな魅力的な猫さんたちだった。
ああ、でも。
これはちょっと猫好きな方々にはお薦めできない。
哀しい愛の物語でありながら、血みどろ過ぎる。読むのが辛い場面が多すぎる。
でも、朱川さんの書く話って、本来こんな感じの方が多いかもな。ただいつもは人間同士の話なんだけど、今回は人間と猫たちの壮絶な闘いってことだ。
いや、猫たちってのは間違いだな。スメラギへの愛情をはき違えたルイと、狂気へと簡単に堕ちすぎてしまった志郎との戦いだな。
うー、どうにも感想が書きにくいー。
【編集】 |  17:34 |  本・漫画  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2008.05/08(Thu)

4月はもう 

あっとゆー間にどこかへ飛んでいってしまったですね。
花粉の後遺症と春ボケで、何もしてないのに一日一日が早かったような。

4月から高校生になった息子たちだけど、元気に毎日学校へ行っております。
なんつっても15分も歩けば教室に着いちゃうもので、体力的にも楽みたい。でも、いろいろ新しいことばかりで、気持ち的には大変なコトもあるんだろうけども。
入学式は、それはもう歴史に残るぞってくらいの嵐でありましたよ。どの先生も「長い教師生活でも経験したことのない天候です」っておっしゃった。
市外から来てる子たちは、電車が遅れて大変だったみたいだし、車で来るにも道が混んでたろうなと思う。
摩埜と息子たちはもちろん歩いていったのだけども、いやはや家を出て数分でもうびしょぬれでした。
おまけに、学校の麓では道路の側溝から泥水が溢れていて、道いっぱいが泥の川と化していた(泣)。
どうやってこの川を越えたらいいんだと逡巡すること数分。その間も車は何台も摩埜の前を通り過ぎていく。息子たちはスニーカーなので浅そうな場所をちょんちょんと越えていってしまったし。
ううう、もう仕方ねー!と泥水の中をパンプスでざぶざぶ(号泣)。
体育館へ着くまで、靴の中は気持ち悪いわ、スカートが足に張り付いて冷たいわ、もう散々だわい。
まあ、一生忘れられない入学式だったわね。

さて、クラスなんだけど。
二人とも芸術選択は第一希望の音楽クラスに入れたので、息子Mが1組で息子Hが3組。
近くて助かったー。これで保護者会なんかの移動も楽だわ。
塾の友達も何人か同じクラスになれたみたいで、安心した。
で、ちょっとびっくりしたのが、式のあと教室へ入った途端に一人のお母さんから声をかけられた。
「お久しぶりです。お元気でしたか?Mちゃん(←娘)は元気にしてますか?」
あれ?誰だっけ。確かに顔は知ってるんだけどなー。娘Mを知ってるみたいだから、そっちのお友達のお母さんだっけ。
なんて、ぐるぐる考えてるうちに突然思い出した。
うわー、娘Mが小1の時の担任の先生だ!きゃー、何年振りだろう。よっく覚えててくださったなあ。名前まですんなり出てくるなんて、学校の先生ってすごいな。
娘Mが3年か4年の時に異動されたから、ホントに何年も会ってなかったのに。いやいや、ありがとうございます先生。
その縁で、息子Mは先生の息子さんと仲良くなれたみたいで、毎日いっしょにお弁当を食べてるそうだ。

さて、I高では部活動と同じくらい委員会活動が盛んみたいで、数もたくさんあって毎日活動する委員会もあるようだ。
息子Hはさっそく放送委員会に入って、機材担当で毎日楽しそうにしている。GWには合宿もあって、NHKに応募するラジオドラマを収録してきたらしい。
と言っても、もちろん実際にドラマを作って収録するのは先輩たちなので、一年はちょっぴりのお手伝いと雑用なんだけど。それでも楽しそうだった。
日程は3日夕方から6日の朝まで、3泊4日だ。もちろん基本は学校に泊り込みなんだけど、家の近い子は帰っても良いってことで、息子Hはお風呂と寝るために毎日帰宅していた。
一応プリントには「23:00消灯6:00起床」なんて書いてあるのだけど、それは表向きだそうで、実際に収録作業をするのは真夜中なんだそうだ。
静かで真っ暗な中でやる方がいいのだそうだ。うおおお、真夜中も校舎は開放なのかい。さすがはI高だな。大学みたいだ。
てなわけで、息子Hは連日朝の5時前に帰宅してはそのまま眠り、昼過ぎに起きてご飯食べてお風呂入って午後2時過ぎにまた学校へと出かけていった。
で、日程どおりになんとかドラマは完成したみたい(どんなドラマなんだろう?)。めでたしめでたし。

息子Mはその筋では有名なクイズ研究会に入った。
I高は、ほぼ毎年「全国高等学校クイズ選手権」の予選に参加していて、何度も全国大会に出ている。
3年前にTVチャンピオンに出ている息子Mとしては、またクイズでテレビに出てみたい気持ちもあるのだろうけれど、まあそんなに甘いもんじゃないだろう。参加人数がハンパじゃないもんねえ。ギネスにも載ってるそうだし。
でも、クイ研でのクイズ大会や雑学披露大会は楽しそうだ。楽しくやってくれればいいや。

娘Mはとうとう3年生になってしまったわけで。世間的にもキッパリ受験生だ。
大学受験は高校受験とは比べ物にならないくらい大変なんだけど、まだまだ全然本気になってないからなあ。
6月いっぱいまでは剣道にどっぷりだもの。5月に入った途端に大会が目白押し。
1日は市内大会があった。10日には関東大会の県予選個人、14・15日は同じく団体がある。
そして来月の14・15日はインハイ県予選団体で、18日は同じく個人。ああ、忙しいのう。
高校生最後の大会になるのだから、どうか身体を壊さないように、そして悔いのない試合をしてくれ給え。摩埜もできるだけ見に行こうっと。
【編集】 |  14:24 |  子供たち  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。