08月≪ 2018年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.07/23(Tue)

TM NETWORK FINAL MISSION -START (承前) 

さて、ここからは完全にミュージカルの様相。
アクターたちが何人も登場し
キャロル組曲に合わせて
てっちゃんの創造する世界を描いていく。
FINAL MISSION2

思うに、ホントはウツが歌うのではなかったのかしら。
アクターたちの演技はあっただろうけれど
歌まで彼らが歌う予定はなかったのでは。
などと勝手に思ってしまったのは
やっぱキャロルはウツに歌ってほしかったからなんだろうなあ。

英語詞になってたから譜割も違うし
違和感がじわじわと背筋を這ってたんだよね。
ウツの負担を軽くするためなんだろうけどもー。うーん。

トレインから登場した様々な人々。
どの時代から来たのだろう。
あの少女は「キャロル」本人なのかしら。
一緒にいた男性は?ライフル持ってたぞ??

老夫婦は未来から来てるのかしら。
もしかしたらよく知ってる人だったのかもしれないね。

そして、Just One Victory

小さいキャロルに手を取られて歩くウツがかわゆ(//▽//)

ここまでが第2幕かな?
ほとんどが芝居で占められてた。

第3幕開始。
舞台上方の木立の中からDINERが前方へ出てきた。
これはクラブみたいなイメージ?
とか思っていたら、聴きなれたギターのフレーズが。

きゃあああああああああっ!
なんと葛G登場!!!!

いやいや、聞いてないからっ。
でもすっごい嬉しい(((o(*゚∀゚*)o)))
やっぱ三人の後ろには葛Gですよ。
安心する構図。

最初は木根さんがブルースハープで葛Gのギターを煽る。
ああ、わくわくするセッション。
キーボードブースにも近寄って
てっちゃんも煽る。
木根さん、ロッカーだわー♪

木根さん大活躍の後方では
椅子に座ったウツがにこにこしながらドリンク飲んでるの。
スクリーンにアップになったウツの表情が
とっても嬉しそうでほわほわしてて
見てるこっちも気持ちがほわほわしたよ。

一途な恋
DIVE INTO YOUR BODY
COME ON EVERYBODY
Come on Let's Dance

を1フレーズずつくらい歌ってくれた。

事前に「一途な恋」は歌うよーって情報はあったけど
今までライブで一回も披露されてないから
わくわくしつつも、娘Mなんて
「大変だからきっとサビだけだよー」なんて言ってた。
…当たったな(笑)。

そしてそして。

Be Together
イントロの途中、歌に入る直前に

「ただいまでーす!」

きゃあああああああっ━━(━(-( ( ( (o・∀・o) ) ) )-)━) ━━ !!

この日、ウツ唯一の素の声。
もうもう、これ聞けただけで大満足。
瞬間のウツの表情も直にばっちり見えた。
とても嬉しそうでちょっと照れてて。

ウツが帰って来てくれたよ。
こんな嬉しいことはないよ。

続いてGET WILD
こんなにアップテンポな曲が続いて大丈夫なのかしら
と思っていたら、再び舞台はアクターたちの世界。

争い、諍い、そして大爆発。
潜伏者たちは街の人間たちに溶け込めなかったのか?

RESISTANCE
Love Train


再び、トレインが出現し
3人は光に包まれてトレインの中へ消えていく。

背景スクリーンには
to be continued…

謎が多すぎるー!
とか地団駄踏んだが
エンドロールの最後には

This is TM Network

うわあ。
こんなん言われたら
それで納得するしかないじゃん。

天才の創造する世界は
今すぐには理解できないことが多い
てっちゃんがやってきたことって
何年もたってから理解できたり評価されたり
ってことがいくつもあるもんね。

来年を見据えてのステージだったと思うから
もう、来年を楽しみに楽しみに待つことにするよ。
【編集】 |  23:13 |  音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。