08月≪ 2018年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.08/17(Sat)

坂木司さんの本 

さて。
『和菓子のアン』がとても面白かったので
この作者様の他の本も探すことにした。

あるかなーとちょっと心配したのだが
アンちゃんが非常に好評らしく
デビュー作から平積みになっとる!
すげーな。

で、早速デビュー作を、
と思ったのだが
アンちゃんのお母さんがちらりと登場すると言う

『切れない糸』

を選んでみた。

プロローグはちょっと哀しくてスローな感じだったのだけど
本編に入ったら、もうどんどん読んでしまう。
面白かったよー。
すげーなこの人。

警察沙汰になるような事件は起きません。
でも、主人公にしてみたらどれも大変な事件。
いわゆる日常の謎ってやつなんだけど
登場するのは商店街とそこで働く人々、暮らす人々。

主人公の和也くんは、ごくフツーの大学生から
やむなく家業を継いだ新人のクリーニング屋さん。
謎多き友人の沢田くんが見事な推理の冴えを魅せてくれる。

うーんとねえ、摩埜はこーゆうのに弱いんだって
またしても自覚したよ。

ごく普通、自己評価は割と低めの主人公。
身近に突出した能力を持つ人物。
その凄いヤツが主人公にはかなわないと言う。
もしくは主人公だけを特別扱い。

バナナフィッシュとかさあ、御手洗シリーズとか
京極堂シリーズとか、ジョーカーシリーズとか。

火村・アリスシリーズも、アリスの方が好きだしな(笑)。

そんなツボにはまっちゃいそうな坂木作品。
次はいよいよデビュー作『青空の卵』に行こう。
解説を先に読んでみたところ
探偵役の青年は、かなり性格に難アリらしいのだが
探偵と語り手の関係性は
やっぱり他の作品と被ってるような気もする。

あ、でもその前に畠中さんの未読の本も読みたいな。
さて、どっち先にしよう(´・ω・`)
【編集】 |  17:53 |  本・漫画  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
●坂木司さん!
こんばんは。こちらには時々おジャマさせていただいています。
私も坂木司さん大好きです。
「青空の卵」でハマリました。その頃は坂木・鳥井の共依存な関係に酷評も目にしましたが、私は細やかで暖かい作風が心地よくて好きになりました。
最近はあまり本は読んでいないのですが、坂木さんだけは新刊が出ていないか時々チェックして、図書館で借りて読んで、文庫化を待って購入、、、という気長なことをしています。ミステリですが読み返したくなる作品が多くて。
「切れない糸」は特に好きなので嬉しくなって書き込みさせていただきました。
「先生と僕」もミステリにお詳しい摩埜さんは特に楽しいかもしれないです。
ではでは失礼致します。
しまりん | 2013.08.25(日) 01:08 | URL | コメント編集
●おお!ありがとうございます♪
コメントありがとうございますヽ(〃v〃)ノ
わーい、しまさんもお好きでしたか!>坂木さんの本。
嬉しいな。

『青空の卵』は、まだ手をつけていないのですが
読むのがますます楽しみになってきました。
買うだけはもう買ってあるのです、シリーズ3冊とも。

『切れない糸』、良かったですよね。
続きが読みたいくらいです。
『先生と僕』は青空シリーズを読み終わったら
探しに行こうと思っていました。
お薦めして下さってありがとうございます。
えへへ、また楽しみが増えましたですよ。

まだまだ世の中には知らない作家さんや本が
たくさん存在してるので
長生きしてたくさん読んでみたいと思っておりますよ(笑)。

ご訪問とわざわざのコメントを
どうもありがとうございましたヽ(*´v`*)ノ
あちゆた | 2013.08.26(月) 20:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。