08月≪ 2018年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2014.02/08(Sat)

ついに始まっちゃった! フィギュア団体戦 

ゆづの演技も気になったけど
きっと彼はまたいつものように全力で
全てのジャンプを決めてドヤ顔してくれるだろうと
割と冷静に待ち構えていられたの。

気になったのは
なんつってもジェーニャこと
男子フィギュア界の皇帝、プルシェンコ選手!

バンクーバー以降は国際大会はほとんど出場せず
ソチを目指すなんて本気ですかって感じだったのだけど。
だってなあ、何回膝やら椎間板やらの手術した?
これ以上フィギュア続けたら将来的に
半身不随になったりしないですかって思うくらい
満身創痍だったと思うんだよね。

ロシアナショナルでコフトゥン選手についで2位だった時点で
ああ、さすがのプル様もOP4回連続出場の偉業は成し遂げられずかー。・゚・(*ノД`*)・゚・。
と、誰もが思ったはず。

な、の、に。

直後の欧州選手権では
そのコフトゥン選手がまさかのロシア勢最下位の5位。
やっぱ経験て大事なんだなあと痛感させられたです。

昨シーズンのワールドでロシア男子の枠を一つにしちゃたのも
その時の代表であった若いコフトゥン選手だったからね。
大事なところでやらかすイメージがついてしまったかも。
いや、タラソワ先生の秘蔵っ子だし
コフトゥン選手の演技は好きなので
彼にもOPに出てほしかったよ。
それを言ったらメンショフ選手もだけど…ごにょごにょ。

ああ、開催国には枠3つ下さい。
(日本には6つ下さい!)
ムダに余らせてる国もあるというのに!

ロシア国内でも日本国内と同様に
OP代表選考はもめにもめたと思うけれど
噂ではタラソワ先生の鶴の一声もあって
プルシェンコ選手に決まったらしいわ。

もっとも、ちゃんとテストがあったらしいけどね。
OPに代表で出られるレベルかどうかの。
…このテストってジェーニャ一人が受けたみたいなんだよね。
それも何だかなと思ったり。
やっぱプルさま頼みなのかって。

だからー。

たった一人の代表をもぎとって
団体戦でいい演技ができなかったら
そらもう大変だろうと。
プレッシャーも半端なかっただろうと思うけど。

そこはさすがの皇帝プルシェンコ選手だった。
ジャンプ軸が多少ずれようときっちり下りてきて
プルシェンコ選手比で完璧だったと思う。

ダイスケさんやまっちーやゆづを見慣れている身としては
身体が堅そう、つなぎが寂しい、滑らかさはないかもー
なんて思ってしまわないでもないんだけど
氷上の存在感は圧倒的で
あの独特のステップ!
素敵ー♪となってしまったわ。
プルシェンコ選手が腕を一振りするだけで
背景が何も見えなくなる。
世界が出来上がる。

ああ、皇帝のオーラは健在だなあと。

てなわけで。
往年のオレ様オーラ全開のプルシェンコ選手の演技が
とても嬉しかった摩埜なのだった。

今季のSP/団体戦の演技
プルさま
【編集】 |  14:42 |  スポーツ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。